貿易事務の仕事をしたいなら貿易事務検定を取ろう

貿易事務として働くなら

女の人

貿易事務になるには

貿易事務の仕事は一般的な事務作業とあまり変わりがありません。しかし扱う商品や取引先が外国になることが多いので、一般事務よりも豊富な語学力と知識が必要になってきます。貿易実務検定や英語検定などを持っておくといいでしょう。

貿易実務検定があれば

貿易実務検定の合格者であれば貿易事務の仕事に就きやすくなるでしょう。しかし、実務検定だけでは事務作業に役立てない場合もあるので、ファイナンシャルプランナーや文書情報管理士なども持っておくと有利になります。

一般的に地味な仕事と思われがち

事務の作業は一般的に地味な仕事と思われがちです。また会社の功績としても評価されにくいのですが、貿易事務の場合はそういう訳にはいきません。海外からの商品管理、受注や発注も行う場合があるので欠かせない存在になるのです。

貿易事務になる場合必要になる資格ランク

no.1

貿易実務検定B級以上

貿易実務検定は貿易に関する様々な知識が盛り込まれている検定になります。初級であるC級は比較的合格者が多いので、取るのであれば上級検定であるB級を目指すと評価に繋がりやすいでしょう。

no.2

英検一級ほどの英語力

貿易事務は扱う商品がほとんど外国の物になります。どのような取扱いを行えばいいのかを知るためにも英語を理解しておかなければいけません。実用英語技能検定であれば1級、TOEICは600点程度必要とされています。

no.3

事務作業も重要なPCスキル

貿易事務に必須資格はありませんが、貿易に関する手続きも行う必要がある貿易事務には通関士の資格が有利になります。しかし、通関士は国家資格として難易度が高い資格になるので質の高い知識が必要になります。

no.4

必須ではないがあると便利

社会保険労務士の資格は事務以外の業務においても役に立ちます。業務を円滑にするためのサポートを行う貿易事務が社会保険労務士を持っていれば更に業務をスムーズにしてくれるのです。

no.5

事務以外でも役に立つ

貿易事務といっても行う作業は事務作業が多いとされています。そのためPCでの書類作成やメール送信などのPCスキルは必要になってくるのです。一般事務で必要になる簿記やFASS検定などを持っていると採用されやすくなるでしょう。

貿易に関係する仕事の情報

履歴書

貿易実務の検定

貿易の様々な知識を身につけるのであれば貿易実務検定がオススメです。貿易事務から通関士、商社までのありとあらゆる貿易業での仕事に役立つ検定と言えるのです。

READ MORE
女の人

貿易事務として働くなら

貿易事務の仕事に就くのであれば英語力と事務処理能力が求められます。また貿易事務の就職を手助けする資格もいくつかありますので、その資格がどういったものなのかをしっかりと調べてみましょう。

READ MORE
スーツの人

通関士の仕事を楽にする

通関士は貿易業の中でも唯一資格が必要な職業といっても過言ではありません。しかし、通関士の資格があるからといって仕事が出来る訳ではないので、他にどんな知識が必要なのか知っておきましょう。

READ MORE
仕事

商社で働くメリット

ビジネスマンとして活躍出来る商社は接客スキルと高い語学力が必要になります。またそれだけでなく数字にも強くなくてはならないため、簿記やBATICなどの検定を受けておくほうがいいとされています。

READ MORE
広告募集中